アメリカ最高峰のカリフォルニアワイン!オーパスワンの魅力!

アメリカ最高峰のカリフォルニアワイン!オーパスワンの魅力!

1978年、フランス・ボルドー地方の名門ワイナリーオーナーのロスチャイルド男爵と世界にナパ・バレーの名を広めたロバート・モンダヴィ氏の合作で誕生したOpus One Wineryは世界的にも有名な高級ワインです。


1978年、フランス・ボルドー地方の名門ワイナリーオーナーのロスチャイルド男爵と世界にナパ・バレーの名を広めたロバート・モンダヴィ氏の合作で誕生したOpus One Wineryは世界的にも有名な高級ワインです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

カリフォルニアでボルドー風のワインを!と思いついた二人が作り上げたのがOpus One。
Opus Oneはカリフォルニアワインの最高峰と言われるワインです。

ちなみに「Opus」とは音楽用語で「作品番号」のことです。
なので、「作品番号一番」という意味ですね。

まさにワイン界の巨匠達の作品です!

オーパスワンの味わいはこうして作られる

創始者たちの壮大な夢

他と一線を画すオーパスワンの歴史は2人の男の夢に端を発しています。

「ボルドーの生産方法、カルフォルニアの気候と土壌を活かして最高品質のワインを造りたい」と願ったカルフォルニアのロバート・モンダヴィ氏とボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵のこだわりが40年の時間をかけてオーパスワンの味わいを深めてきました。

徹底的に生産方法にこだわる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

オーパスワンは通常の5~6倍の密度でブドウを栽培することで果実の味が凝縮される栽培方法や、畑のうちの30%は休ませたり改良させたりすることで常に良い状態を保つ手法など、その革新的な手法は枚挙にいとまがありません。

また、夜の間に摘み取ることで糖度を抑えるナイト・ハーヴェストは温暖なカルフォルニアで特に有効な方法です。

カルフォルニアの気候

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ボルドーで一級シャトーを運営していたバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵を魅了したカルフォルニアの気候。

温暖で乾燥した日が多く、日中と夜間の気温差が激しい気候はワインづくりには最適な環境でした。

さらに、毎年安定して同じ気候が続くため、不作の年が少ないこともオーパスワンの人気を支えています。

カリフォルニアワインの特徴とは?

①ヴェラエタルワイン

ワインに含まれるブドウの品種が75%同じもので作られたワイン。

②ジェネリックワイン

まるで薬のような呼び名ですが、数種類の品種のブドウで作られたお手軽な価格のワイン。カリフォルニアのブドウ以外も使用。

③プロプライエタリーワイン

数種類の品種のブドウで作られた高級ワイン。
オーパスワンもこのプロプライエタリーワインに分類されます。

ワイナリーでぶどうの栽培・醸造・瓶詰とすべてを行っていて各ワイナリーの味を余すことなく楽しむことが出来ます。

④スパークリングワイン

シャンパンのようなガスが含まれたワイン。
カリフォルニアワインといっても地区によってぶどうの質、味が違うのも特徴。

カリフォルニアの中心地では、著名なワイナリーが多く高級ワインが主に作られています。
南の方の地区では気候に恵まれているため、ブドウが作りやすく国内向けのテーブルワインなどが多く作られています。

各地方、各ワイナリーによってその味わいが違い、カリフォルニアワインは赤白合わせて55種類を超えるワインが作られているそうです。

オーパスワンは年によっても味が違う?史上最高の当たり年

2013年ヴィンテージ

2013年ヴィンテージはオーパスワン史上最高とも評される完成度です。暖冬と適度に乾燥した気候がブドウの樹の生育を早め、理想的な条件で開花しました。

その味わいは、重厚かつバランスのとれたものであり、それをしなやかなタンニンの香りが包み込みこむ。後味にはふんわりとチョコレートの風味も感じる深みのある味わいです。

ワイナリーでの試飲とセカンドワインを味わえる??

予約制のワイナリー見学で試飲ができる

カルフォルニアにあるオーパスワンのワイナリーでは、予約制で見学をすることができます。日本語のWebサイトも開設されていますのでそこから予約できます。

ワイナリーでは、見学以外にも試飲ができるのですが、さすがオーパスワン。
無料ではなく2014年のヴィンテージがグラス一杯50ドル(2018年1月現在)。

セカンドワイン、オーヴァチュア

オーパスワンのセカンドワインとして「オーヴァチュア(Overture)」という銘柄が発売されています。1本あたり150ドルほどですので、オーパスワンに比べて安く買えます。

セカンドワインといっても当然品質には十分こだわって生産されていますので、味は折り紙付き。

オーパスワンとオーヴァチャーの贅沢な飲み比べをしてみるのも楽しいかもしれません!

ワイナリー見学について

画像がありませんが、まず一番はじめは建物内にある綺麗なサロンで「オーパスワン」の歴史について話を聞きます。

サロンには、グラスに入ったワインが用意されています。
でもこれはオーパスワンではなく、セカンドのオーヴァーチュアです!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ワイナリーの建物もやはりこだわっています。ヨーロッパとアメリカを融合したOpus One、ワイナリーも二つの大陸を結ぶイメージでデザインされました。


モダンなカリフォルニアン・スタイルに格式高いヨーロッパ調を意識して設計されています。
ワイナリーは世界で活躍する建築家スコット・ジョンソン氏によるものです。


ワインをより一層楽しめるよう、落ち着いた空間になっています。
テイスティングは1杯$40.00と安くはありませんが、決して損はない納得の味!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

美味しいワインを造るために並々ならぬ情熱を注ぎ込んでいます。ぶどうを育てる時から味を考え、ぶどうを通常より5倍も密集して植えています。繊細なぶどうを傷つけずに一束一束、丁寧に手作業で栽培してから潰さないよう少しずつ発酵場に移していくのだそうです。

こちらは1階から地下のワインセラーへ続く階段です。

この地下に秘密クラブのような特別なテイスティングルームがありますが、こちらはOpus Oneの催行するツアーに参加しないと見ることができません!!

この部屋でテイスティングします。

このテイスティングルームを彩るキレイな花にもワイナリーのこだわりがあり、テイスティングをする際に風味の邪魔をしないよう、無臭の蘭を選んで飾っているのだとか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ルームから見えるずらりと並ぶ1000個の樽。
ここで1年半ほど熟された後、ボトルの中でさらに1年半。3年かけて初めてワインが発売されます。

ということは、2018年現在製造されているものは3年後の2021年になってようやく飲めるということですね!

ちなみに、このフレンチオークの樽はオーパスワンでは新樽しか使わないので、使い終わると他のワイナリーへ売りに出されるそうです。

豆知識

オーパスワンを上空から見るとワイングラスの形をしているそうです。

道路がグラスのステム(脚)になっています!
緑色の部分がワイナリーの芝なのですが、芝の真下(地下)に、ワインを入れたバレル(樽)が寝かせてあるので、まさにグラスにワインが入っているようなデザインになっています!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さて、ワイナリーツアーはここまです。
この後はワイングラスを持ったまま上のテラスで自由に飲むことができます!

ツアーに参加されない方は、1階にあるテイスティングルームでテイスティング出来ます赤ワインもそこで購入することが出来て日本への発送もOKです!

最後に

今回は書きませんでしたが、上記以外にも工場見学や、運が良ければぶどう狩りなんかもツアーに組み込まれています。

カリフォルニア最高級ワイン「Opus One」工場見学に訪れてみてはいかがでしょう!

最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!