【ベトナム】エジプトだけじゃない?!圧倒的絶景砂漠はすぐそこに!

【ベトナム】エジプトだけじゃない?!圧倒的絶景砂漠はすぐそこに!

ベトナム編シーズン2突入です。今回は東南アジアのエジプトを彷彿とさせる砂漠にツアーを使って潜入してきました。壮大な絶景に悶絶すること間違いなし。


ホーチミンから移動してみた


さて、やって参りました!

みなさんお待ちかねのベトナム編シーズン2開幕です。


前回のベトナムらしい?トラブルを迎えながら
向かった先はベトナムの秘境と言われている

"砂丘"


こちらに独断で潜入して来ました。


ベトナム編シーズン1の模様はこちらから見れます。
まだ見られていない方はぜひご覧ください。

きっとこの記事がより一層楽しめるはず。


【ベトナム】最大都市ホーチミンを徘徊してみた。夜はハプニング?!

http://trave-life.com/articles/128

東南アジアでの有数の繁栄都市を飾る場所で待っていたものとは?! ついにchutaro海外編です。in Vietnam

ベトナムひとり旅。シーズンinです。こちらからどうぞ。

この旅の見所スポットたち

《ムイネーの見所たち》

白い砂丘 ホワイトサンデューン(White Sand Dunes)

赤い砂丘 レッドサンデューン(Red Sand Dunes)

漁村 フィッシングビレッジ(Fishing Village) 

妖精の小川 フェアリーストリーム(Fairy Stream)


今回の旅では全て回ったので
順を追って書いていきたいと思います。

さあ行動だ

(昨晩お世話になったウォーキングストリートにてひとまずパシャ)


というわけで、
ホーチミンからベトナムの砂漠を求め
移動していきます。

んー、どう移動すればたどり着くことやら。笑

(総距離約220km?!)

事前調査だと、
ホーチミンからムイネー地域である
ファンティエットまで約220kmあるとのことでした。

圧倒的長距離、、、笑


やはり秘境に辿り着くには一筋縄ではいかない模様。


これは行き甲斐があるな。うん。あるな。(弱気)


移動手段としては3つあるみたいです。

1.民間タクシー

2.長距離バス

3.勇者として歩く


記事の面白さ的には③を選んだら面白いだろうが
費用と一番は時間を考えて、真っ先に②をチョイス!!!(正解)

寝台バスで乗り継いでみた

(ベトナム名物寝台バス)

今の時代は本当に利便性に長けていますよね。

iPhone1台でどこにでも案内してもらえる。


『OKgoogle。ムイネーまで連れてって。』


早速怪しい寝台バスに乗り込むことに。

それにしても怪しすぎはしないか??笑

ラブ○テルを彷彿とさせるこのライティング、、、、


こ、興奮す、、る。。。

有無言わずさっそく in

(車内の様子)


まず寝台バスのピックアップされた場所が
本当にバスなんて通るのか、そもそも車通りすらないぞ?

という道でした。


まぁもうバス料金お金払っちゃったし
乗るしかないと、勇気を出していざ車内へ。

この怪しすぎるバスを乗ること5時間ほど、、

早朝に(朝の4時ごろ?)到着するとのことで一眠りすることにします。
(車内寒すぎて風邪ひくかと思った)←これは東南アジアあるあるでは?

圧倒的絶景はすぐそこに

(案内人に連れてかれた待ち合わせ場所)

案外、居心地の良い寝台バスからやっとの思いで下車。

と思いきや、
寝台バスの運転手に圧倒的に恐怖を感じる路上に案内される羽目に。

なんだベトナム怖すぎるだろ。笑


この旅での目的、

"圧倒的秘境"

を求めてきたのと、

事前調査で砂漠に行くためには
jeepツアーがお勧めということで

どうしても乗りたい!!!!!!!!!


そんな想いでつたないベトナム語を話しながら
この場所に導かれました。

(こ、こんな時こそ大好きなポップコーンで落ち着け)

(バスで寝てたから顔パンパン笑)

案内人のMr.トムが30分くらいしたらくるから待ってなさい。

と言われたのでひとまず大好物のポップコーンを。
ベトナム価格で50円くらいだったかな?ありがたい。


・・・・


求めていたjeepを待つこと30分。

(jeepの車窓から)

そそくさに念願のjeepが到着。

ワァアアーーー本当に迎えにきた!!!!!


と興奮気味のchutaroをよそに
jeep専属運転手 Mr.ミャンがさっさと乗れ。と


jeepを目の前に抑えきれぬ気持ちを押し殺し

さっそく乗車。すでにツアー客が数名乗っていたので
特等席である助手席をゲット!最高だ。

(きれいダァ)

jeepを走らせること1時間ほどかな?

現地時刻早朝5時ごろ。

朝焼けが顔を出してきました。


chutaro一行を迎え入れるような素敵な朝雲。

いろんな困難を現地の人と協力して乗り越えてきた甲斐がすぐそこに。

(専属運転手のMr.ミャン。ナイスドライブテク)

はやる気持ちを抑えきれぬまま、

Mr.ミャンチームはついに、ついに、


念願の念願の、

"圧倒的秘境"に到着します!!

(jeepツアーの車体たち。かっこいい)



と、前編はここまでです。
(ええぇぇ〜ーと聞こえてきますね)


次の中編ではついに念願の

"圧倒的秘境"

をお届けしていきます!


本当はここで完結しようと思ってたのですが
書いているうちに圧倒的ボリューム感とワクワクさで
分けて書いて行くことにさっき決めました。笑


最後までご覧頂きありがとうございます。

次回を超お楽しみに!!


アディオス!!!

(ちらっとだけ載せます笑)

CHUTAROさん(@chutaro_422) • Instagram写真と動画

https://www.instagram.com/chutaro_422/?hl=ja

フォロワー1,710人、フォロー中628人、投稿56件 ― CHUTAROさん(@chutaro_422)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

この記事を書いた人。最近はトムクルーズ主演のミッションインポッシブルにどハマり。 一気にシーズンを見終わりました。最新作のフォールアウトも劇場で鑑賞済。今ならIMFに入れそう。

関連する投稿


【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

今回はホーチミンからホイアンへ。国内線を使って移動しました。街全体が世界遺産なんて素敵すぎる。特に夜に光るランタンが映えます。


【ベトナム】圧倒的古代遺跡に行ってみたらすごかった。

【ベトナム】圧倒的古代遺跡に行ってみたらすごかった。

ベトナム編。最終章です。1999年にユネスコ世界文化遺産に登録された、ミーソン遺跡に潜入です。ベトナム戦争の面影を感じれる歴史深い遺跡に脱帽。


【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

ベトナム ムイネー編 最終章です。この記事ではフェアリーストリームと言われている妖精の渓流。そして漁業の町。フィッシングビレッジに潜入してきました。フェアリーでも絶景が待っていました。


【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

お待たせしました!ついに幻の砂漠に突入です。自分を信じるか、信じないかで大きく変わる人生。chutaroベトナム ムイネー 中編です。ぜひご覧あれ。


【ベトナム】最大都市ホーチミンを徘徊してみた。夜はハプニング?!

【ベトナム】最大都市ホーチミンを徘徊してみた。夜はハプニング?!

東南アジアでの有数の繁栄都市を飾る場所で待っていたものとは?! ついにchutaro海外編です。in Vietnam


最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!