【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

ベトナム ムイネー編 最終章です。この記事ではフェアリーストリームと言われている妖精の渓流。そして漁業の町。フィッシングビレッジに潜入してきました。フェアリーでも絶景が待っていました。


開幕


さて、やって参りました!

みなさんお馴染み、chutaroです。


早速ではありますが、
前回の記事は読んでいただけましたでしょうか。


風の噂では絶景すぎて、
いろんな方から"イイね"と反響をいただいております。
(どしどし反響待ってます笑)


ありがたいです。ARIGATOU。

砂漠ツアーを終えて


それでは前回の圧倒的砂漠ツアーを終えて、

ムイネー 後編では2つの絶景スポットへ
みなさんをお連れしていきたいと思います。


アメリカの世界遺産である、
"グランドキャニオン"を連想させるようなスポットや、

今現在も漁業で盛んなムイネー。

その原点ともなった一寸法師型船での漁業。
そんなローカルなスポットをご紹介していきます。


と、、、


その前にまだ前回記事をご覧になってない方。是非下記ご覧くださいね。

ミラクル起こってます!

【ベトナム】エジプトだけじゃない?!圧倒的絶景砂漠はすぐそこに!

http://trave-life.com/articles/129

ベトナム編シーズン2突入です。今回は東南アジアのエジプトを彷彿とさせる砂漠にツアーを使って潜入してきました。壮大な絶景に悶絶すること間違いなし。

ベトナム ムイネー 前編です。圧倒的絶景の秘境に辿り着くまでの道のりはこちらからチェック。まずはこちらからチェック。こちらからですよ!

【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

http://trave-life.com/articles/131

お待たせしました!ついに幻の砂漠に突入です。自分を信じるか、信じないかで大きく変わる人生。chutaroベトナム ムイネー 中編です。ぜひご覧あれ。

ベトナム ムイネー 中編です。道中の困難を乗り越え、遂に"圧倒的絶景の秘境"をお届けしています。有無言わず、ぜひチェックして頂きたいシリーズです。是非。

フィッシングビレッジへGO

(入り口に着きます。)

この前に写ってる2人組がベトナム ムイネー中編で、キレられたご夫婦です。

この時にはもうhigh touchをする仲に。

(すごい人の数と魚介の香りがふんだんと)


到着した時は朝の7時ごろ。

太陽もサンサンに出ているムイネーの朝は早い。

地元の方達が深夜から早朝にかけて漁業を行なって
このビレッジで競り落とす。

日本で言う築地市場のようなものですね。

このエリアに入った瞬間、
圧倒的に魚介の香り(超生臭い)が漂います。

これもローカルを感じるイイ経験だと前進。

(相当数の魚たち。保存用氷はない模様)

(噂の一寸法師型船。現在ミーティング中の模様。)

(謎の貝も大量入荷。何貝かしら。)

(記念にパシャり。誰かこっち向いてくれぇ)

(生活感◎)

傘を被って日差しをカバーしている人たちがたくさんいました。

ここで取れた魚介たちは街の市場や、地域の市場に出回るとのこと。

見ている限り正直なところ、
衛生状態が不安でしたね。さすがベトナム。

ミニグランドキャニオンに潜入!!


ここのスポットへも
同じjeepツアーの内容に入っているので
砂漠を楽しんだ後の箸休め?のような感覚で向かいました。


ただ、そこは全く箸休めではなく最高な絶景がchutaroを待ち構えていました。
(制限時間短めの30分と圧倒的に時間との格闘だった)

ゴールまでの片道30分はかかるとのこと。

どのくらい歩く?

(入った途端、こんな道が待ってます。)

(サンダルで歩いてましたが、素足の方が歩きやすいと話題に)

このような一本道の小川が続いています。
水は温かく流れも穏やかでとても気持ちいいです。
(動画で感じれます)

歩いて行くとまさかの
野生の可愛いアヒルがとことこお散歩している様子も見られました。
靴を脱いで歩いていくことになるので、タオルは必須ですね。汗拭くにも。

(妖精までの道、こんな素敵な自然の創作物と出会う。)

フェアリーストリーム

(遂に見えてきた!!!)

こちらの名所はスイティエンと呼ばれ、
「suoi=渓流」、「tien=妖精」と訳せます。
英語表記ではフェアリーストリームと、やはり妖精の渓流と同じ訳です。

このスイティエンは、一本道がひたすら続く水位の低い小川。

下は土となっていて、その幻想的な様子は「妖精が住んでいると」と讃えられているほど。

また、ベトナムではこのような自然の小川や沼地には、もともと妖精が暮らしていると言い伝えられているところが、ほかにもいくつかあります。


その代表例はホーチミン市内にあるスイティエン公園。

こちらも妖精の渓流を意味するアミューズメントテーマパーク。

昔は沼地と雑木林が続く密林でしたが、
当時は7人の妖精が住んでいるという伝説があり、それをもとに名付けられたみたいですよ。

おっと、余談でした。

(うおおおおおおおおおおお)

(うおおおおおおおおおおおおおおおお)

足元は赤土なので感触がめちゃくちゃ気持ちいいです。
欧米の旅行客に人気のスポットのようでたくさん見かけました。

すれ違う人、何人と覚えてないくらいハイタッチをしました笑
(みんな景色に感極まったんでしょうね。私も)

(イイ景色の連続。感情が追いつきません。)

待ちに待ったゴール

(そして辿り着いたゴール。妖精の上流でした。)

(制限時間のない中、パシャりは欠かさず。)

帰路は、猛ダッシュ。

片道20分はかかったところ、
5分で駆け抜けた思い出は忘れません。最高だったぁ。

ちなみに妖精、見えました。


あなたにも訪れるかもしれません。


お迎えのjeepで街まで帰ります。
そこでナイスドライブのMr.ミャンともお別れです。

おわかりいただけただろうか。

(一仕事を終えての1杯は世界共通。味は裏切りません。)

みなさん、おわかりいただけましたでしょうか。


ベトナムのムイネー。

そこには


"圧倒的絶景"

が待っていました。


まさにchutaroが追い求めていた景色。


素敵すぎる。

(街にはツアー看板がたくさんありました。)

(このサプリメント良い。ベトナムの食事も開通。)

ベトナム ムイネー 後編。

これにて終演です。


こんな素敵な場所が日本から6時間の場所にあるなんて。

是非オススメします。アテンドもしますよ。笑


最後までお読みいただきありがとうございます。


次はベトナムの大人気世界遺産。

『ホイアン』

に潜入です!!

乞うご期待!!!!!


アディオス!!!

合わせて読みたイ

【ベトナム】最大都市ホーチミンを徘徊してみた。夜はハプニング?!

http://trave-life.com/articles/128

東南アジアでの有数の繁栄都市を飾る場所で待っていたものとは?! ついにchutaro海外編です。in Vietnam

ベトナム編のスタートはこちらから。ベトナム史上最大都市、ホーチミンにフォーカスを当てた記事となっています。夜の楽しみも載ってます。

CHUTARO (@chutaro_422) • Instagram photos and videos

https://www.instagram.com/chutaro_422/

1,718 Followers, 666 Following, 57 Posts - See Instagram photos and videos from CHUTARO (@chutaro_422)

この記事を書いた人。最近は自炊を始めました。得意料理はオリジナルパスタ。何を混ぜ合わせるかはその日のお楽しみ。いつかカフェ開きたいな。

関連する投稿


【フィリピン】マニラの繁華街でウクライナ美女と意気投合?

【フィリピン】マニラの繁華街でウクライナ美女と意気投合?

東南アジアでも成長真っ只中のフィリピン編です。現地での出会い、世界遺産を目指して旅を進めていきます。今回もまさかの出会いに驚き!?


まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

イビサ島は、1960年~1970年代前半に一世を風靡したヒッピー文化の本拠地の1つ。そんなハッピー&リラックスな雰囲気は今も健在! ヨーロッパ諸国の若者のパーティーアイランド、または青い海をのんびり楽しむリゾート。今回はその見所や名所などご紹介します。 旅行前に知りたい気候・服装やベストシーズン、治安などの情報もまとめでいます!


【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

今回はホーチミンからホイアンへ。国内線を使って移動しました。街全体が世界遺産なんて素敵すぎる。特に夜に光るランタンが映えます。


【ベトナム】圧倒的古代遺跡に行ってみたらすごかった。

【ベトナム】圧倒的古代遺跡に行ってみたらすごかった。

ベトナム編。最終章です。1999年にユネスコ世界文化遺産に登録された、ミーソン遺跡に潜入です。ベトナム戦争の面影を感じれる歴史深い遺跡に脱帽。


【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

お待たせしました!ついに幻の砂漠に突入です。自分を信じるか、信じないかで大きく変わる人生。chutaroベトナム ムイネー 中編です。ぜひご覧あれ。


最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!