【ベトナム】圧倒的古代遺跡に行ってみたらすごかった。

【ベトナム】圧倒的古代遺跡に行ってみたらすごかった。

ベトナム編。最終章です。1999年にユネスコ世界文化遺産に登録された、ミーソン遺跡に潜入です。ベトナム戦争の面影を感じれる歴史深い遺跡に脱帽。





さて、やって参りました!

暑い日が続いておりますが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

chutaroです。


改めまして今回もベトナム編です!
そしてベトナム編としてはこの記事がひと段落となります。

長編に渡り旅をしてきた集大成として見届けていただけると嬉しいです。

ホイアンからわずか40km

(総移動距離約40km。余裕です。)


と、言うわけで

前日のホイアンから宿でツアーを予約し、
いざ世界文化遺産である

『ミーソン遺跡』

へと向かいます。

総移動距離は約40kmと今までの道のりを考えたら余裕でしかない。

悠々とバスに乗り込み、ベトナムの道ではない道を進んでいきます。

ミーソン遺跡とは

ミーソン遺跡はクンナム省ミーソンにある遺跡で、
近年中部地方では6世紀から13世紀頃まで栄えたチャンパ王国の遺産が次々と発見されています。

そしてチャンパ王国の遺産としてその歴史的価値が認められ、1999年に世界遺産に登録されました。

偶然にも、ホイアンと同じ年に認定されています。ご縁を感じます。

ツアーバスでGO

(車窓からの景色。川が流れてますね。)

バスに乗ること大体2時間くらい。
道中は一回くらいトイレ休憩がありました。

入り口に到着!

(入り口から雰囲気を感じます。)

(圧倒的門構え。圧巻です。)

道のりは長め

(広がる大草原。と言うか森。)

歩くこと10分ほど。見えてきます。

(ジュラシック○ークのような広大さ。)

(せっかくなのでパシャり。)

チケットを購入。

(世界遺産だけあって受付も整ってます。)

この受付でチケットを購入します。

入場料はカート代込で750円くらいだったかな。
世界遺産を見れるのにこの価格は安いです。

ワクワクしてきますね。

遺跡まではこれで。

(たくさん並んでます。)

こちらのカートで5分ほど走ると現地に到着します。

もちろん、ここから山道を歩いていきます。

遺跡群が見えるまでは道中一本道です。
ひたすらみんなと歩くことになりますが、右も左も広大な自然に囲まれています。

野鳥のさえずりが聴こえ、生い茂った木々の隙間から木漏れ日が差し込んでいます。
自然の香りを肌で感じながら、楽しんで歩くのがおすすめですね。

ついに世界遺産へ

(遺跡マップ。超絶広い。普通に迷う。)

(ガイドのErena。同い年で意気投合。)

ミーソン遺跡は集合体ごとに区分けされていて、グル-プAからグル-プHまであります。

ツアーの内容によってどこまで回れるかは変わってくるので見たいグループがあれば事前に調査しておくのもアリですね。僕はErenaに身を任せました。

(現在気温36度。圧倒的猛暑。)

広がるミーソン遺跡群。

(ミーソン遺跡群。)

猛暑の中歩いて行くと。
突然開けた場所に出くわします。
そこはもう待ちに待った遺跡群です。

目前にはチャンパ王国の聖地であるミーソン遺跡広がっています。

ミーソン遺跡はチャンパ王国の聖地であれ、「ミーソン聖域」とも呼ばれています。
古代ヒンドゥー教のチャム族たちは、歴代王朝が代わる度に祠堂を建てていました。

ここからも写真と共に楽しんでいきましょう。

(戦争の被害を乗り越えた建造物。)

(とても存在感を感じます。)

(穏やかです。)

(いかにも宝が眠っていそう。)

まさかのトラブル笑

(現地が暑すぎてiPhoneトラブル。笑)

遺跡を撮影するのに夢中でいたらiPhoneが危険信号に。笑

しばらく撮影ができなかったので大変でした。おそるべし猛暑。

ガイドは続きます。

(英語で歴史を説明してくれます。Erena。)

遺跡の中にも入ってみる。

(遺跡の中には発掘品が多数。)

(首がない遺産も。)

内部ではミーソン遺跡で発掘された遺産が所狭しと展示されています。
驚くほどの数で、どれも美術品として目を見張るものばかりです。

首がなくなっている銅像も多数。ベトナム戦争の傷跡を感じます。

写真のようにこれから調査、研究を行う遺産もたくさんあります。

周囲は森林に囲まれていることから、まだまだ発掘の期待が残されています。

今後も発掘調査され次第どんどん一般に公開されていきますので、毎年行ってみるのもいいかもしれませんね。行く度に違った顔のミーソン遺跡が見れるかも知れません。

帰りはバス&ボートで。

(勇ましい航海師。夕日が映えます。)

(ボートでもパシャり。結構揺れる。)

ボートで帰路につき、ホテルでゆっくり休みました。

最高だった。

エンドロール。



いかがでしたか。
長編に渡るベトナムひとり旅。

現地のローカルを感じることができたり、
様々な観光名所を周り"圧倒的絶景"を味わえたり、

思い返せば本当にどれも最高な思い出です。

chutaroは旅を通してみなさんの人生が少しでも豊かになり、
また世界中に友達を作って、どんな世の中になったとしても平和で

『ARIGATOU』

感謝の気持ちが溢れた世界になって行ければいいと思っています。

そして旅を通じて世界の広さ、
その国の文化、様々な価値観を肌で感じることで成長できます。

その踏み出す、第一歩が大切です。

是非、僕と一緒に世界を旅していきましょう。


それでは、

アディオス!!!!

CHUTARO (@chutaro_422) • Instagram photos and videos

https://www.instagram.com/chutaro_422/

1,802 Followers, 800 Following, 58 Posts - See Instagram photos and videos from CHUTARO (@chutaro_422)

この記事を書いた人。好きなプロ野球選手は、読売巨人の高橋由伸監督。憧れです。思えば今年の巨人戦一回も見に行けてない。前代未聞です。

関連する投稿


【フィリピン】マニラの繁華街でウクライナ美女と意気投合?

【フィリピン】マニラの繁華街でウクライナ美女と意気投合?

東南アジアでも成長真っ只中のフィリピン編です。現地での出会い、世界遺産を目指して旅を進めていきます。今回もまさかの出会いに驚き!?


【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

今回はホーチミンからホイアンへ。国内線を使って移動しました。街全体が世界遺産なんて素敵すぎる。特に夜に光るランタンが映えます。


【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

ベトナム ムイネー編 最終章です。この記事ではフェアリーストリームと言われている妖精の渓流。そして漁業の町。フィッシングビレッジに潜入してきました。フェアリーでも絶景が待っていました。


【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

【ベトナム】そうだ、ベトナムの砂漠に行こう。

お待たせしました!ついに幻の砂漠に突入です。自分を信じるか、信じないかで大きく変わる人生。chutaroベトナム ムイネー 中編です。ぜひご覧あれ。


【ベトナム】エジプトだけじゃない?!圧倒的絶景砂漠はすぐそこに!

【ベトナム】エジプトだけじゃない?!圧倒的絶景砂漠はすぐそこに!

ベトナム編シーズン2突入です。今回は東南アジアのエジプトを彷彿とさせる砂漠にツアーを使って潜入してきました。壮大な絶景に悶絶すること間違いなし。


最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!