大地のパワーを感じに。オーストラリアいくならエアーズロック!

大地のパワーを感じに。オーストラリアいくならエアーズロック!

エアーズロックは、オーストラリア大陸のほぼ中心に位置しています。 赤土の砂漠の中に堂々たる姿を見せている一枚岩で、その大きさは世界最大級です。 標高は868m、周囲は9.4㎞あり、鉄分が酸化した赤色(つまり、錆びた色)をしているのが特徴となっています。 長年にわたり岩盤が風雨にさらされて、現在の形が作られました。


エアーズロックとは?

エアーズロックは、オーストラリア大陸のほぼ中心にあります。
赤土の砂漠の中に堂々たる姿を見せている一枚岩で、その大きさは世界最大級です。
標高は868m、周囲は9.4㎞あり、鉄分が酸化した赤色(つまり、錆びた色)をしているのが特徴です。

長年にわたり岩盤が風雨にさらされて、現在の形が作られました。
「世界の中心」という意味合いで「地球のへそ」と呼ばれることもあります。
1987年に世界遺産に登録されて以来、世界中から観光客が集まるようになりました。

ちなみに、エアーズロックというのは英語名で、
現地の先住民アボリジニは「ウルル」と呼んでいます。
現地では、この「ウルル」という呼び方の方が一般的です。

エアーズロックの周辺

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアーズロック周辺は、砂漠と岩石がひたすら広がるという環境で、国立公園に指定されています。
エアーズロックからほど近いところには、奇岩群であるマウント・オルガ(カタ・ジュタ)があります。
ここもまた観光名所で、エアーズロックとセットで観光する人がほとんどです。

また、エアーズロック(ウルル)から19㎞、マウント・オルガ(カタ・ジュタ)
から51㎞の地点には、エアーズロック・リゾートがあります。
ここにはビジターセンターのほか、複数のホテルやショッピングセンターがあり、
エアーズロック観光の拠点となっています。

多くの観光客はここで最低1泊し、展望台からの眺めを楽しんだり、
様々なアクティビティに参加しています。

刻々と変わる岩の色、サンセットとサンライズ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアーズロック(ウルル)は太陽の光によって色が刻々と変化し、見飽きることがありません。
ぜひ見たいのはサンセットとサンライズ!

昇ってきた太陽の光に照らし出され、夜明けの空に姿を現すウルルは神々しい!
日没には夕日に照らされ、赤く燃えるような姿が見られます。サンセットのウルルも実に感動的です!

夕陽で赤く染まるエアーズロックを、自然の大きさ、人間の小ささ、旅の楽しさ、旅の終わりの寂しさの感傷に浸りながら、オーストラリア産のワインを楽しみながら観賞出来ます。おすすめのエアーズロックの人気観光スポットです。

サンセット食事
【所要時間】2時間
【出発】日の入り30分前
【料金】A$58

エアーズロックは星空がキレイ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアーズロック周辺は人工の光が少ないだけでなく、乾燥していて空気が澄んでいるので、本当に星空がきれい!天気が良ければ天の川まで見ることができます。高い建物もないので、見上げなくても地平線まで星があります!

4~9月は南半球を代表する星座「南十字星」を見ることができます。

そんな星空の下でエアーズロックを眺めながらディナーを楽むこともできるそうです。
オーストラリアならではの食材を使った野外でのバーベキュー、最高に違いない!

基本情報


サウンズ・オブ・サイレンス
【所要時間】4時間
【出発】日没の約40分前
【料金】AU$195

エアーズロックのジンクス!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ムチジュルの泉」にあるハートのくぼみを写真に撮り、お財布に入れて持ち歩くと金運と幸せに恵まれる、というジンクスが云われています。

また、枯れない泉に刻まれたハートが永遠の愛の象徴と云われており、この場所で永遠の愛を誓おうと訪れるハネムーンカップルもたくさんいるそうです。
大地の強力なパワーが宿る聖地ウルルに刻まれたハートですから、良い運がもらえそうですよね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

パワー感じるエピソード

そんなウルルの大地のパワーを感じるエピソードがあります。
ウルルは国立公園内にありますから、もちろん植物や石・土も持ち出しは厳禁。もし持ち帰ってしまうと、その土や石が「大地に戻りたい」という念を発すると言われています。
実際公園内のカルチャーセンターには「ソーリー・ロック」という、持ち帰ってしまった人からの謝罪の手紙や返された石などが展示されているコーナーがあるほど。
さすがは聖地「ウルル(エアーズロック)」。 訪れる時には、聖地への最大の敬意とマナーを守って良いパワーを受けましょう!

関連する投稿


沖縄恋の島「古宇利島」でドライブデートを満喫

沖縄恋の島「古宇利島」でドライブデートを満喫

沖縄本島北部にある「古宇利島」。美しい自然に恵まれたこの小さな島が、県内でも有名な観光地として知られている理由のひとつが、沖縄版の「アダムとイブ」の言い伝えが残されていること。 全国各地からカップルが訪れる県内有数のデートスポットをドライブしてみましょう。


現役CAに聞いた沖縄で女子ウケする観光スポット5選!

現役CAに聞いた沖縄で女子ウケする観光スポット5選!

今回は沖縄で今人気の女子受けスポットをご紹介します。 インスタ映え間違いなし、ぜひ旅行の計画の中に組み込んでみては?


まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

イビサ島は、1960年~1970年代前半に一世を風靡したヒッピー文化の本拠地の1つ。そんなハッピー&リラックスな雰囲気は今も健在! ヨーロッパ諸国の若者のパーティーアイランド、または青い海をのんびり楽しむリゾート。今回はその見所や名所などご紹介します。 旅行前に知りたい気候・服装やベストシーズン、治安などの情報もまとめでいます!


【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

今回はホーチミンからホイアンへ。国内線を使って移動しました。街全体が世界遺産なんて素敵すぎる。特に夜に光るランタンが映えます。


【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

【ベトナム】ミニグランドキャニオンに行ってみた。

ベトナム ムイネー編 最終章です。この記事ではフェアリーストリームと言われている妖精の渓流。そして漁業の町。フィッシングビレッジに潜入してきました。フェアリーでも絶景が待っていました。


最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!