フランスNo. 1の巡礼地!年間250万人を魅了する”モンサンミッシェル”とは。

フランスNo. 1の巡礼地!年間250万人を魅了する”モンサンミッシェル”とは。

フランスの観光地としてはパリが有名ですが、フランスの魅力はそれだけではありません!今回はパリから日帰りで行けるモン・サン・ミシェルを紹介します!


Mont Saint-Michel(モン・サン・ミシェル)とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

モン・サン・ミシェルとはカトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と呼ばれ世界から注目されています!
1979年には「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となりました。

年間250万という観光客が訪れる、「今訪れるべき場所No. 1」がモン・サン・ミシェルなのです♡

動画も大人気!

モンサンミシェルの公式HPに掲載している動画は世界各国で再生されています。

モン・サン・ミシェルの魅力とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、そんなにもたくさんの人を魅了するのにはどんな魅力があるのでしょうか?
今回はその魅力に迫っていきたいと思います!

「海に浮かぶピラミッド」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


モン・サン・ミシェルは「海に浮かぶピラミッド」とも呼ばれています。
海と空の間に浮かぶその凛とした姿は、誰もが興奮することでしょう。
また、時間帯により潮の満ち引きが変化するため、その姿を変えていきます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

干潟部分は満潮時は海に覆われしまいますが、干潮時にはモンサンミッシェルの周りを一周できるほど潮が引きます!
潮の満ち引きを見るためには6時間ほどは滞在することをおすすめします!少し長く感じるかもしれませんが、姿や雰囲気がガラッと変わるので、待つ価値は十分にあるかと思います!

夜は海に浮かびライトアップされたモンサンミッシェルを見ることができます。これまた美しい景色にただ時間を忘れて眺めてしまうことでしょう。

島内散策

モン・サン・ミシェルの魅力は大きく分けて島のなかと島の外に分けられます。
島を外から観るのも素敵な時間ですが、せっかくなら島の中を探検しちゃいましょう!

おすすめスポット1:王の門

島の入り口には3つの門があります。ラヴァンセ門、大通り門、そして最後に王の門です。
島はこれらの門により守られていました。昔、王が派遣した兵隊さん方が詰めていた城門で、要塞時代の面影が今も残っています。

おすすめスポット2:サン ピエール教会 (Eglise St-Pierre)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

修道院へ向かうグランドリュ(お店などが連なっている参道)の途中にある教会です。
以前は島内に700人ほどの人が住んでいました。その住人のために17世紀に建てられたのがこの教会です。大天使ミカエルが祀られており、さらに入口にはミカエルのお告げを聞いて百年戦争に勝利したという伝説を持つジャンヌ・ダルクの像も飾られています。
小さな協会ではありますが当時の人から愛され続けた協会です。中に入ると美しいステンドグラスが部屋を鮮やかに照らしてます。

おすすめスポット3:グランド リュ (Grand Rue)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

王の門を抜けると、いわばメインストリートである「グランドリュ」になります。
ここではおみやげ屋さんやご飯屋さん、名物のオムレツ屋さん、ホテルなどが立ち並んでいます。
この石畳の参道グランド リュが、モンサンミッシェル修道院まで続いており、巡礼者たちが行列をなし修道院に向かったと言われています。

島で一番有名なオムレツ店「ラ・メール・プラール」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

Auberge de La Mère Poulard : Hotel 3 etoiles Mont Saint Michel et Restaurant traditionnel - Hotel La Mère Poulard | Mont Saint Michel

http://www.merepoulard.com

Réservez votre séjour à l'hotel 3 étoiles La Mère Poulard au coeur du Mont Saint Michel. Chambres de charme, restaurant traditionnel, séminaires sur mesure et services personnalisés.

こちらはプーラール夫人が考案したお店です。
口の中でふわっととろけてしまう食感が特徴のオムレツですが、精進料理しか食べることができない巡礼者のために、栄養価の高い高い大きなオムレツを作りおもてなしをしたというのが始まりです!素敵ですね!

また満潮時には海の中に孤立してしまうこの島では、野菜やお肉などの食材が手に入りにくいということもあり、入手可能なバターと卵たっぷりの「特製オムレツ」を作ったのでした。

※オムレツは単品購入ができないためコースでの注文が必要になります。
コースの値段は時価によって変化しますが、約5000円程みたいです。

馬車に乗って歴史を感じよう

モン・サン・ミシェルの島から陸までの橋は馬車に乗って移動することができます。もちろん歩いて移動するのも楽しいのですが、普段とは少し違った体験をしてみたいという方には馬車をおすすめします♡
ゆったりした気分で過ごすことができますよ♩

モンサンミシェルへの行き方

まずは日本から直行便でパリに向かいます。
羽田・成田→パリ 直行便で約12時間半ほどです。

パリからの行き方
パリのモンパルナス((Montparnasse)駅→電車→レンヌ(Rennes)駅 
時間:約2時間15分
金額:30€~80€ /片道
購入はこちらのサイトから!▶︎
https://en.oui.sncf/en/?redirect=yes

バス
レンヌ駅北口(Nord)ターミナル→モンサンミッシェル(Le Mont St Michel)
時間:約1時間15分
予算:約12,4€ /片道(大人)
電車予約と一緒にペアで乗車券の購入も可能です。
※1日3~4本で運行なので注意が必要です※
時刻表はここからチェック▶︎http://www.destination-montsaintmichel.com/?lang=jp

フランスは魅力沢山の国

フランス=パリというイメージを持つかたも多かったのではないでしょうか?
フランスには沢山の魅力ある街が沢山あります。
ぜひパリから一歩進んでモンサンミシェルに遊びに行ってくださいね♡

関連する投稿


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!


沖縄恋の島「古宇利島」でドライブデートを満喫

沖縄恋の島「古宇利島」でドライブデートを満喫

沖縄本島北部にある「古宇利島」。美しい自然に恵まれたこの小さな島が、県内でも有名な観光地として知られている理由のひとつが、沖縄版の「アダムとイブ」の言い伝えが残されていること。 全国各地からカップルが訪れる県内有数のデートスポットをドライブしてみましょう。


現役CAに聞いた沖縄で女子ウケする観光スポット5選!

現役CAに聞いた沖縄で女子ウケする観光スポット5選!

今回は沖縄で今人気の女子受けスポットをご紹介します。 インスタ映え間違いなし、ぜひ旅行の計画の中に組み込んでみては?


まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

イビサ島は、1960年~1970年代前半に一世を風靡したヒッピー文化の本拠地の1つ。そんなハッピー&リラックスな雰囲気は今も健在! ヨーロッパ諸国の若者のパーティーアイランド、または青い海をのんびり楽しむリゾート。今回はその見所や名所などご紹介します。 旅行前に知りたい気候・服装やベストシーズン、治安などの情報もまとめでいます!


【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

【ベトナム】街全体が映え!圧倒的世界遺産のホイアンへ。

今回はホーチミンからホイアンへ。国内線を使って移動しました。街全体が世界遺産なんて素敵すぎる。特に夜に光るランタンが映えます。


最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!