「ロマネコンティ」聞いたことはあるけど、なぜそんなに高いのか?世界最高峰ワインの秘密

「ロマネコンティ」聞いたことはあるけど、なぜそんなに高いのか?世界最高峰ワインの秘密

世界中のワイン生産者がその香りや味わいを目標とし、世界中のワイン愛好家がその香りや味わいに魅了されています。 そんな世界最高峰ともいわれるシャルドネとピノ・ノワールの聖地、フランス ブルゴーニュ。ロマネコンティ、モンラッシェ、エシェゾーといった名だたる特級畑とトッププロデューサーの共演は愛好家の心を掴んで離しません。


世界中のワイン生産者がその香りや味わいを目標とし、世界中のワイン愛好家がその香りや味わいに魅了されています。

そんな世界最高峰ともいわれるシャルドネとピノ・ノワールの聖地、フランス ブルゴーニュ。ロマネコンティ、モンラッシェ、エシェゾーといった名だたる特級畑とトッププロデューサーの共演は愛好家の心を掴んで離しません。

“Domaine de la Romanèe Conti”通称DRCは、その中でも一際輝く、憧れの的となる生産者といえます。ロマネ・コンティをはじめとした特級畑はもちろんのこと、いくつもの優れた畑を所有する、ワイン界のスーパースターの魅力に迫ってみましょう。

DRCとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず「DRC」とは【Domaine de la Romanee-Conti】頭文字を取ったもので、有名な『ロマネコンティ』を生産しているヴォーヌ・ロマネ村にあるドメーヌ(生産者)の名前です。

1869年、現当主のオベール・ド・ヴィレーヌの家系がドメーヌを買い取り、すでに所有していたリシュブール、エシェゾー、グランエシェゾーに加え、1933年にラ・ターシュ、1946年にロマネ・サンヴィヴァン、1963年にモンラッシュの畑も手に入れていきました。1942年、会社組織に移行し「DRC」という会社が生まれました。

ロマネコンティの歴史

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ロマネ・コンティの歴史はローマ時代まで遡り、2000年以上の歴史を持ちます。昔この地を支配していたローマ人が統治とブドウ栽培への感謝からこの村の極上の畑に『ロマネ』という名を送りました。10世紀初頭以来、サン・ヴィヴァン修道院が所有し、18世紀初頭にはルイ14世が持病の治療薬として毎日スプーン数杯のロマネ・コンティを処方していたというエピソードも残されています。

畑をかけた争奪戦

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

その後、これらの畑は競売にかけられることになり、所有権をめぐってルイ15世の寵姫ポンパドール夫人と、軍事顧問的な役割を担っていたコンティ公との間で争奪戦が行われました。

そして1760年、正式にコンティ公が所有者と認められました。
争いに敗れたポンパドール夫人の怒りは激しく、この事件以降、当てつけにボルドーのシャトー・ラフィット・ロートシルトを手に入れ、ベルサイユ宮殿から全てのブルゴーニュワインを閉め出したと伝えられているほどだったそうです。

コンティ公は、40人もの愛人を囲い、贅の限りを尽くしたと言われている人物です。
絵画や食事への造詣も深く、いつしかワインにも最高級のものを求めるようになりました。
「ロマネ」と呼ばれる畑から作られたワインは、全てコンティ公が独占することとなり、コンティ公宮殿でしか味わえない伝説的なワインとなっていきます。

コンティ王子は自らの宮廷の宴で振る舞うためにワインを消費したため、ロマネ(将来のロマネ・コンティ)のワインは1760年から30年間余り市場に出回ることがありませんでした。
そこでこのワインの希少性は更に高まり、「コンティ王子のワインは素晴らしい!」と名声が広く普及していきました。

ブドウ畑をロマネ・コンティと命名

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


そして、1789年にはフランス革命が勃発。
貴族の荘園がすべて没収され、ロマネコンティも名前の変更・畑の細分化の危機に見舞われました。
しかし、ローマ時代から続く歴史あるブドウ畑は人々の崇拝を集めており、革命後もその名声は変わることなく維持されました。

1794年、このワインは正式に『ロマネコンティ』と命名され、ここに“高級ワインの代名詞”として現在にまで伝わる『ロマネコンティ』が誕生しました。

なぜあんなに値段が高いのか

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さて、高額な理由の前にまず気になるのが、そもそも「ロマネ・コンティは今いくらなのか」ですよね?

そこで、世界最大規模のデータベースを誇るワイン検索サイトで、ロマネ・コンティの現在の平均価格を調べてみました。
「wine-searcher」サイトURL→https://www.wine-searcher.com/most-expensive-wines.lml

2017年1月16日時点でのロマネ・コンティの平均価格は…

「1,618,379円」
なんと約160万円です!!

ケースではなく、1本 750mlでの値段です。

さらにそのお値段は変動が激しく、基本的には上昇傾向にあります。
実際、過去のデータを調べてみると、2002年時点ではロマネ・コンティのお値段はだいたい40万円程度となっています。
15年間でお値段が約4倍も上がっていることになります。

高額な理由① 超少量生産

「ロマネコンティ」という名の畑がどれくらいの大きさかというと、その大きさはたったの1.81ヘクタール。
この1.81ヘクタールというのは異常な小ささで、東京ドームの半分にも満たない小ささです。(東京ドームは約4.7ヘクタール)
他のワインを見てみると、例えば日本でも有名な高級ワイン「シャトー・マルゴー」でも82ヘクタールの畑を有しています。(条件が違うため一概に比較はできませんが)

たった2ヘクタール弱の畑から、おそらく世界で最も知られているワインが作り出されているわけです。

さらに、その畑から作られるロマネ・コンティの生産数は年間約6,000本と言われています。
シャトー・マルゴーで、年間約35万本生産していると言われています。
おそらく世界で最も知られているワインが、年間たったの6,000本しか作られていないのです。

高額な理由②  圧倒的な人気とブランド力

「ワインの銘柄はよく知らないけどロマネ・コンティだったら知ってる」という方は多いでしょう。
ロマネ・コンティには圧倒的な知名度があり、それに比例して人気も圧倒的なものがあります。

知名度、人気、そして少量生産による希少性…
これらによってロマネ・コンティには圧倒的なブランド力が備えられています。

よく「ロマネ・コンティはロマネ・コンティであることに価値がある」と言われます。
ロマネ・コンティがダメだったら他のワインにしよう、ではダメなのですね。
つまり、代えがきかないワインというわけです。

そのようなワインを、世界中の王族やセレブなど億万長者が欲しているのです。

高額な理由③ 伝統的手法での醸造

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ロマネ・コンティの畑は、非常に少ない収量にかかわらず、ぶどうの出来があまり良くないと、さらに1/3程度に収量を減らすことがある。

ぶどうは破砕・除梗せず、そのまま発酵させている。できるだけ長い時間をかけて、緩やかな発酵を促すのだ。

さらに醸造全般において、馬を使った耕作業をする、亜硫酸をほとんど使わないなど、ぶどうの味わいを最大限に生かした方法を採っている。

年代によって価格が異なる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

年代ごとの価格↓
▷1945年:350万
▷1975年:75万円
▷1985年:100万円
▷1990年:120万円
▷1995年:90万円
▷2000年:95万円
▷2005年:110万円
▷2006年:90万円
▷2010年:100万円

ロマネコンティ1945年

1945年はロマネコンティにとって最大の試練が待ち構えていました。この年は収穫時期まで気候に恵まれていたものの、害虫~病気によりブドウ畑が壊滅的な打撃を受けました。

それらの障害をやっと乗り越え収穫時期の9~10月頃になったのもつかの間。ブルゴーニュ地方で早すぎる寒波が押し寄せ収穫前のデリケートなピノ・ノワールを霜害が襲ったのです。

これらの被害により生産できたロマネコンティはわずか約600本ほど。希少性もさることながら、被害を乗り越えて製造されたロマネコンティは他を遥かにしのぐ濃厚な味わいと口当たりの良さ、そして芳醇な香り。

これらの評価も著しく高いため現在、当店でも喉から手が出るほど欲しいロマネコンティなのです。

ロマネコンティ1990年

1990年のロマネコンティは1988年から3年間、続いて当たり年と称される極上のワインです。

1988年~1990年はブルゴーニュ地方全体がピノ・ノワールにとって最高の天候でした。害虫~病気、霜害等も殆ど生じず健やかに育ったピノ・ノワールからは、上質且つ洗練された味わいのロマネコンティが誕生したのです。

ロマネコンティツアー

ロマネコンティを試飲できるツアーや畑を見学できるツアーもたくさんあるのでこちらを参考にしてみてください!

ロマネコンティ 試飲できるツアーの海外ツアー情報 | 海外旅行情報 エイビーロード

https://www.ab-road.net/kw/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%80%80%E8%A9%A6%E9%A3%B2%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC/

*大阪発* 【アルザス地方&ブルゴーニュ地方・フランスワインの2大産地を巡る】 3都市周遊ストラスブール・ボーヌ・パリ 8日間 <フリープラン> ◆ エールフランス航空指定など、「ロマネコンティ 試飲できるツアー」に関する海外ツアー、海外航空券、海外ホテルの比較検討なら海外旅行情報エイビーロードで!

関連する投稿


人生最高の60秒!!NYタイムズスクエアで世界一のカウントダウン!

人生最高の60秒!!NYタイムズスクエアで世界一のカウントダウン!

世界一盛り上がるタイムズスクエアのカウントダウン。 人生で1度はNYでカウントダウンをしたい!という人も少なくありません。 カウントダウンだけではなく、有名アーティストのライブも行われてます。 そんな世界一盛り上がるカウントダウンの楽しみ方から大変なところまでを全てご紹介します。


最新の投稿


サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サラダ専門店おすすめ3選!便利なテイクアウトやカスタムサラダもできるおしゃれでおいしいお店!

サイドディッシュとしてのイメージが強い“サラダ”。しかし、近年サラダをメインディッシュとして扱う“サラダ専門店”が話題になっています。おいしくてお腹いっぱい食べられて、さらに健康や美容、ダイエットにも良いと女性の間で大人気! 女子会にもおすすめです。今回は、そんなサラダ専門店を、東京都内を中心に紹介していきます。


東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

東京タワーのふもとにある名店「芝 とうふ屋 うかい」

昔は酒造元であったという2000坪の敷地にとうふ屋うかいはある。広々とした店内を歩いていると、その名残りで大きな醸造樽を目にする。一樽で1000本から3000本の瓶を満たす大きなものもある。


SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

SNSで話題沸騰中!男女ともに人気の「筋肉食堂」とは!?【六本木店】

東京・六本木に、マッチョな男性を中心にSNSで話題の飲食店がある。その名も「筋肉食堂」。よくあるダイエット食堂と、何が違うのか。 人気の理由は何なのか。 今回はそんなSNSで話題の「筋肉食堂」についてご紹介します!


今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

今どき食堂?沖縄に来て食堂に行かないのは絶対に損!人気の食堂4選!

沖縄に訪れたなら、ゆったりとした島時間やローカルな雰囲気を味わってほしい!地元の人がこよなく愛する食堂やレストランをローカルフードとともにご紹介します!


フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じられるベジタリアンレストラン。 南青山「CITRO」

フランス・パリのおしゃれなカフェを感じることが出来る ベジタリアンレストラン。 南青山の“CITRON”。 フランス人オーナーの気さくで親切な接客とおいしい野菜料理が魅力のレストランです 家具や食器にいたるまで全てがフレンチテイストで、とてもセンスが良く、店内の至る所にオーナーのこだわりが感じられるお店です! 今回は青山通りからすぐの立地で便利な「“CITRON”」をご紹介します!