自然に関する記事


【海外トレンド】白い砂浜の楽園 フォルメンテーラ島の短時間モデルコース

【海外トレンド】白い砂浜の楽園 フォルメンテーラ島の短時間モデルコース

イビサ島の南にある、美しい自然が特徴のフォルメンテーラ島。高速船で30分ほどで着くので、ちょっとしたクルージング気分も味わえます。イビサ島はリゾートとして開発が進んでいますが、フォルメンテーラ島は大規模に開発されていません。そのため、ゆったりとした自然に身をおいてリラックスしたいという人は、イビサ島の喧騒を避けて、フォルメンテーラ島を訪れるようになっています。


まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

まだ日本人があまり知らない島、クラブの聖地&世界遺産、絶景だらけのイビサ島!

イビサ島は、1960年~1970年代前半に一世を風靡したヒッピー文化の本拠地の1つ。そんなハッピー&リラックスな雰囲気は今も健在! ヨーロッパ諸国の若者のパーティーアイランド、または青い海をのんびり楽しむリゾート。今回はその見所や名所などご紹介します。 旅行前に知りたい気候・服装やベストシーズン、治安などの情報もまとめでいます!


まさに地上の楽園! ハワイ オアフ島で今最も注目を集めている地区にあるラグジュアリーホテル【後編】

まさに地上の楽園! ハワイ オアフ島で今最も注目を集めている地区にあるラグジュアリーホテル【後編】

ハワイのオアフ島の中でも、新しいラグジュアリースポットとして今、高い注目を集めているのが西部に位置するコオリナ地区にあるフォーシンズンズホテル コオリナ。後編では客室や、その他の施設などをご紹介します。


まさに地上の楽園! ハワイ オアフ島で今最も注目を集めている地区にあるラグジュアリーホテル【前編】

まさに地上の楽園! ハワイ オアフ島で今最も注目を集めている地区にあるラグジュアリーホテル【前編】

ハワイのオアフ島の中でも、新しいラグジュアリースポットとして今、高い注目を集めているのが西部に位置するコオリナ地区。雄大な自然が広がるこのエリアに2016年にオープンしたホテル「フォーシーズンズリゾート オアフ アット コオリナ」は、日々の喧騒を忘れたい大人のための楽園の地として評判をよんでいます。


ハワイに来たらここで潜れ!絶対外せないダイビングポイント!!!

ハワイに来たらここで潜れ!絶対外せないダイビングポイント!!!

オアフ島には数えきれないくらいのダイビングポイントがあります。ダイブポイントは東西南北で雰囲気がガラリと変わり、沈船、沈戦闘機、地形、ドリフト、リーフとオアフ島の海には様々な特徴があります。ウミガメはハワイで神様として扱われており、オアフ島で一番見ることができます。


「地上でもっとも美しい島」ボラボラ島への行き方(エア タヒチ ヌイ)

「地上でもっとも美しい島」ボラボラ島への行き方(エア タヒチ ヌイ)

エア タヒチ ヌイは最近、キャビンが新設されエレガントなデザインとなっています。(改装していないものも有り) 機内ではタヒチ伝統の歓迎の印として搭乗者ひとりひとりにティアレの花の香りが手渡されるほか、ウクレレの音など登場した瞬間から南国を感じるサ高く評価されています。


泥パックでスベスベ美白! in パラオ「ミルキーウェイ」

泥パックでスベスベ美白! in パラオ「ミルキーウェイ」

ユネスコの複合遺産に登録されているパラオ南西部に浮かぶ「南ラグーンのロックアイランド群」。珊瑚礁が海に浸食されてできたマッシュルーム型の445にもおよぶ島々は、独特の地形景観をみせていますが、その一角に通称“ミルキーウェイ”と呼ばれている海の色が白濁色しているところがあります!


【アクセス抜群!】都内から50分の最強パワースポット《高尾山》

【アクセス抜群!】都内から50分の最強パワースポット《高尾山》

ふと気づくと、あれ?なんか運気が下がった?なんて感じるそこのあなたに贈る本当にパワーをもらえるスポット5つ紹介!


二度と見られないかもしれない!?圧巻のジェリーフィッシュレイク

二度と見られないかもしれない!?圧巻のジェリーフィッシュレイク

クラゲの密度が半端ない。 クラゲと戯れられる湖が、太平洋に浮かぶ国、親日国としても知られるパラオの小島ロックアイランドの中にあります! 外海と地下水路で繋がっているので湖の水はしょっぱい塩湖です。 この場所にタコクラゲが大量発生しています。


迫力あるクレーターと360度の絶景!!「ココクレーター・レールウェイ・トレイル」

迫力あるクレーターと360度の絶景!!「ココクレーター・レールウェイ・トレイル」

第二次大戦中には山の頂上に通信基地が置かれていて、そこまで物資を運ぶためのトロッコが運行されていました。 戦後、このトロッコは廃線となり、現在は頂上に向かって一直線につながっている線路跡だけが残されていて、この線路の1048段もあるという枕木を1段ずつ登っていくトレイルが、ココヘッド・トレイルです!